位置

 

日本北部の島「北海道」。日本海側の西岸に面し、積丹半島の付け根に位置するニセコ連峰。主峰ニセコアンヌプリ南東面には、世界でも有数のパウダースノーを誇るニセコ全山の各スキーリゾートが展開しており、その中心に位置するのがニセコビレッジスキーリゾートです。ニセコビレッジは、スキー愛好家の間でひそかに伝説の場所となってきました。パウダースノーのメッカとして国内では既に知られた存在であったものの、先駆的オーストラリアンスキーヤー、スノーボーダー達がここを訪れ、「スキーの理想郷、パウダーの聖地」との囁きが出回ったのは、1990年代に入ってからのことです。

 

旧来、ニセコの海外での認知はほぼ無名に近かったものの、現在では世界でも有数のパウダースノーの地として大きな評価を得ています。ニセコビレッジはニセコ全山スキーエリア内の中心に位置し、連結スキーリゾートとして約8,900,000㎡に及ぶスキー場、インターナショナルスキースクール、数々の賞を受賞したホテルとスパや温泉施設、ダイニングやショッピングのパブ、高級レジデンス、自然公園、2つの国際レベルのゴルフコースなどを併設しています。将来的には、自然との融合を基本とし、地域の特徴や文化を融合させることを念頭においた開発が計画されています。